英語が話せるメリットって何?

英語が話せるメリットって何?

「そもそも英語が話せるメリットってなんだ?」と思うかもしれませんけど、英語が話せると多くのメリットがあります。

それをまだ知らないから、英語の必要性を感じないのかもしれませんね。

今日はここで英語が話せるとこんなメリットがあるということを教えちゃいましょう!

場面別、英語が話せるメリット

わかりやすいように、場面別でお話していきましょう。

ビジネスシーン

ビジネスシーンではこのようなメリットがあります。

就職や転職に有利

英語が話せるのは、就職や転職で有利に働きます。

英語が話せると証明するには、英検ではなく、TOEICの点数が一番信頼されるのですが、点数としては最低でも600点は必要だそうです。

けれど実際にその点数に届いているのは、日本総人口の8%程度。

なので英語が話せると証明できれば、大きな差をつけられること間違いなしです!

多くの仕事を任される

英語が話せることで、任される仕事は多種多様になります。

それに英語が話せる人間は、会社からも重宝されます。

海外出張や海外転勤なども任されることもあるでしょう。

会社に英語が話せる人間がいれば、翻訳家を雇う必要もないので、同期どころか上司だった人間すらも追い越す力を持つことになります。

給料が上がる

業種にもよりますが、英語が話せる人間は安定して良い給料がもらえます。

平均すると年収700万、さらに高いレベルの英語が話せれば年収1,000万の仕事も多くあります。

安定して高収入を得られるスキルなんです。

プライベート編

プライベートではこのようなメリットがあります。

世界中の人とコミュニケーションが取れる

英語は世界共通語です。

英語が話せるというだけで、多くの国の人間と言葉を交わし、コミュニケーションが取れるようになります。

今までにない価値観も自分の中に生まれるはずです。

ハリウッド映画やドラマが字幕なしで楽しめる

字幕があると字幕に集中して、演技の方まで集中できないなんてことありませんか?

意外と字幕を目で追うのって目が疲れるんです。

英語が聞き取れれば、海外の映画やドラマがそのままの姿で楽しめます。

海外旅行を自分の力で楽しめる

英語が話せれば、わざわざツアーなどにしなくても、海外旅行を楽しめるようになります。

自由に海外を楽しめますし、ツアーでない分、自分でホテルも飛行機を選べるので安く済むようになります。

万が一トラブルが起きても、その場で自力で解決できるようになりますよ。

外国人旅行客のお手伝いができる

外国人からすると、日本語はとても難しいものだと思います。

他の国にはない特殊なひらがな・カタカナ・漢字・尊敬語・敬語・謙譲語など、こんなに別の表現などがある国は他にありません。

日本にいるとわかりませんが、外国人からすると日本は安全な国ではあるけれど、難しい国なんです。

そんな外国人旅行客が困っている時にスッとお手伝いできたらかっこいいと思いません?

それに、その外国人からしても、印象はアップしますし、「また来たい!」と思える国になるはずです。

外国人のいい思い出に自分が携わっているって思うと、感慨深いものだと思います。

学習面

学習面ではこのようなメリットがあります。

英語と日本語で情報収集できる

英語と日本語が使えるということは、単純に情報が2倍になります。

比較する際にも、役立つこと間違いなしです。

海外の論文を読めるようになる

海外の論文を読めるようになれば、より深い知識が身に付きます。

日本だけでの知識では得られなかった知識が得られるようになるので、専門分野での知識はより深くなるでしょう。

TOPページを見る